岩田健太郎神戸大教授(医師)の出身高校など経歴や妻は?感染症内科医としての評判や動画削除理由も調査!

歌音(かのん)
歌音(かのん)

こんにちは!音楽大好き、歌音です♪

白鳥さん
白鳥さん

歌音さん~!

岩田健太郎さんってどんな人なのかな~?

歌音(かのん)
歌音(かのん)

新型コロナウイルスの報道に、最近よく出演している大学教授の先生ね!

白鳥さん
白鳥さん

うん、いろんな重要な話をしているけど、彼の評判はどうなのかな~?

歌音(かのん)
歌音(かのん)

それじゃあ今回は、岩田健太郎神戸大教授(医師)の出身高校など経歴や妻、感染症内科医としての評判や動画削除の理由も調べてみるわね!

 

というわけで今回は、

  • 岩田健太郎神戸大教授(医師)の出身高校など経歴や妻
  • 岩田健太郎神戸大教授(医師)の感染症内科医としての評判や動画削除の理由

について調べていきますね!

 

 

岩田健太郎神戸大教授(医師)の出身高校など経歴や妻

歌音(かのん)
歌音(かのん)

それじゃあ、岩田健太郎神戸大教授(医師)の出身高校など経歴や妻について調べていくわね!

白鳥さん
白鳥さん

どんな人なんだろう~?

 

<岩田健太郎さんのプロフィールと経歴>

■名前 岩田健太郎

結婚歴 既婚

■生年月日 1971年(49歳)

■出身 島根県

高校 松江南高校卒業

■略歴

  • 1997年 島根医科大医学部医学科卒業
  • 1997年 沖縄県立中部病院研修医
  • 1998年 セントルークス・ルーズベルト病院内科研修医
  • 2001年 ベスイスラエル・メディカルセンター感染症フェロー
  • 2003年 北京インターナショナルSOSクリニック家庭医
  • 2004年 亀田総合病院感染症内科部長、総合診療感染症科部長
  • 2008年(~現在) 神戸大学大学院医学研究科教授(微生物感染症学講座感染治療学分野)、同大学医学部附属病院感染症内科診療科長

 

■専門分野 感染症内科 旅行医学 バイオテロ対策

 

ということで、岩田健太郎さんは日本の感染症診療の第一人者およびオピニオンリーダーで、医学だけでなく哲学から社会科学まで幅広い分野においても多くの著作で知られていました。

 

研修医時代の沖縄県立中部病院には、当時では珍しい「感染症科」があり、そこで感染症科の基本を学び、その後アメリカに留学して感染症医療のトレーニングを受け、アメリカや中国で感染症科医として勤務していました。

 

感染症科の道に進んだ理由は、「世界に通用する人間」でありたいという想いがあったからだそうです。

 

それから、アフリカのエボラ出血熱や、中国のSARSにも現場入りし経験を持っていました。

 

今回の新型コロナウイルスについても、感染症分野のプロとして現地入りするため、災害派遣医療チーム(DMAT)の一員として、クルーズ船内に入っていました。

 

その他、所属学会・資格・役職などについては以下のとおりです。

  • アメリカ内科専門医
  • アメリカ感染症専門医
  • 国際旅行医学会旅行医学認定TM
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本感染症学会評議員
  • 日本感染症学会認定指導医
  • 日本感染症学会認定感染症専門医
  • 日本化学療法学会抗菌化学療法指導医
  • ロンドン大学熱帯医学衛生学校感染症修士
  • ICD制度協議会認定 Infection Control Doctor

 

岩田健太郎神戸大教授(医師)の出版本

<著書>

  • バイオテロと医師たち 最上丈二、集英社新書、2002年10月
  • 悪魔の味方 米国医療の現場から、克誠堂出版、2003年6月
  • 感染症外来の事件簿、医学書院、2006年2月
  • 悪魔が来たりて感染症 その根拠でよいのか、中外医学社、2007年9月
  • 思考としての感染症・思想としての感染症、中外医学社、2008年4月
  • 麻疹が流行する国で新型インフルエンザは防げるのか、亜紀書房、2009年3月
  • 感染症は実在しない 構造構成的感染症学、北大路書房、2009年10月
  • マンガで学ぶ感染症、中外医学社、2009年8月
  • 頭が毒入りリンゴになったわかものと王国の話、中外医学社、2010年12月
  • 予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える、光文社新書、2010年12月
  • 「患者様」が医療を壊す、新潮選書、2011年

<共編著>

  • 抗菌薬の考え方,使い方、宮入烈共著、中外医学社、2004年8月
  • オランダには何故MRSAがいないのか? 差異と同一性を巡る旅、古谷直子共著、中外医学社、2008年4月
  • 感染症診療ガイドライン総まとめ、総合医学社、2010年3月
  • 感染症999の謎 メディカル・サイエンス・インターナショナル、2010年3月
  • 感染症外来の帰還 豊浦麻記子共著、医学書院、2010年4月
  • 絵でわかる感染症 with もやしもん -イラスト:石川雅之、2015年1月

 

 

岩田健太郎神戸大教授(医師)の感染症内科医としての評判や動画削除の理由

歌音(かのん)
歌音(かのん)

それじゃあ、岩田健太郎神戸大教授(医師)の感染症内科医としての評判や出版本についても調べていくわね!

白鳥さん
白鳥さん

評判はどうなんだろう~!

 

岩田健太郎神戸大教授(医師)の感染症内科医としての評判

それでは、岩田健太郎さんの感染症内科医やご本人に対しての評判です!

 

 

 

 

 

ということで、感染症専門家医師として、内科医としての腕や技術や知識に関しては評価されているようですが、今回の新型コロナウイルスに関する動画の件や、その動画を理由の説明なく簡単な謝罪のみで削除してしまうというような行動に関してもご本人に対しても、批判も多かったです。

 

岩田健太郎神戸大教授(医師)のクルーズ船に関する動画削除の理由

それでは、岩田健太郎神戸大教授の動画削除の理由です!

 

現在、世間を驚愕させた岩田健太郎さんのアップした動画はご本人により削除されてしまっています。

 

 

その理由は、上記のように詳細は何も語られていません。

 

ネットで最も多かった声は、政府や職場などからの圧力か?というものでした。

 

また、岩田健太郎さんが動画の中で、「厚労省で働いている某氏」と発言した高山義浩医師が、岩田健太郎さんの認識に一部誤認や不足があることを指摘していたので、「都合が悪くなって動画を削除したのでは?」という声も多く見られました。

 

真実はご本人にしかわかりませんが、現在、たくさんの人が新型コロナウイルスに不安な気持ちを持ち、その気持ちを驚愕させるような動画をアップさせた責任を持つならば、それなりの明確な理由も述べてほしいものですね!

 

まとめ

というわけで今回は、岩田健太郎神戸大教授(医師)の出身高校など経歴や妻、感染症内科医としての評判や動画削除の理由も調べてきました!

 

岩田健太郎神戸大教授(医師)の出身高校など経歴や妻は、島根出身1971年生まれの現在49歳で、松江南高校卒表し島根医科大医学部医学科卒業後に沖縄県立中部病院研修医時代に感染症に関する基礎を学び、アメリカや中国留学を経て、現在は神戸大学大学院医学研究科教授として働いている既婚者です。

岩田健太郎神戸大教授(医師)の感染症内科医としての評判は、感染症専門家医師として、内科医としての腕や技術や知識に関しては評価されているようですが、今回の新型コロナウイルスに関する動画の件や、その動画を理由の説明なく簡単な謝罪のみで削除してしまうというような行動に関してもご本人に対しても、批判も多かったです。

 

岩田健太郎神戸大教授(医師)のクルーズ船に関する動画の削除理由は、詳細は語られていませんが、ネットでは政府や職場による圧力や、高山義浩医師が岩田健太郎さんの認識に一部誤認や不足があることを指摘したことにより都合が悪くなったことかというような声が多く見られました。

 

 

ということで、まだまだ感染者が増えるいっぽうの新型コロナウイルスによる不安が大きくなっています。

岩田健太郎さんの声が正しいか否かはわからない状態ですが、動画を削除した理由ははっきり示してほしいですね!

コメント