脇田玲(慶應義塾大学環境情報学部長)の出身校や経歴などプロフィールは?研究内容や著作本に評判も調査

歌音(かのん)
歌音(かのん)

こんにちは!

音楽大好き、歌音です♪

白鳥さん
白鳥さん

歌音さん~!

 

慶應義塾大学の学部長さんが出した、新型ウイルスコロナ感染に関する学生へのメッセージがカッコ良すぎて話題になってるよ~!

歌音(かのん)
歌音(かのん)

私も見たわ~♪

いったいどんな方なのか気になるわ~!

白鳥さん
白鳥さん

本とか出してるなら読んでみたいよね~♪

歌音(かのん)
歌音(かのん)

それじゃあ今回は、脇田玲(慶應義塾大学環境情報学部長)の出身校や経歴などプロフィールは?研究内容や著作本に評判も調べてみるわね!

 

というわけで今回は、

  • 脇田玲(慶應義塾大学環境情報学部長)の出身校や経歴などプロフィール
  • 脇田玲(慶應義塾大学環境情報学部長)の研究内容や著作本
  • 脇田玲(慶應義塾大学環境情報学部長)の評判

について調べていきますね!

 

 

脇田玲(慶應義塾大学環境情報学部長)の出身校や経歴などプロフィール

歌音(かのん)
歌音(かのん)

それじゃあ、慶應義塾大学環境情報学部長、脇田玲さんの出身校や経歴などプロフィールについて調べていくわね!

白鳥さん
白鳥さん

これまでどんな経歴を経てきたんだろうね?

 

<脇田玲のプロフィール>

  • 名前 脇田玲(わきた あきら)
  • 生年月日 1974年(46歳)
  • 出身地 東京都
  • 出身大学 慶應義塾大学環境情報学部、大学院
  • 職業 現代美術家(アーティスト)、計算機科学者、慶應義塾大学環境情報学部教授

 

<脇田玲の経歴>

  • 1997年(22歳)慶應義塾大学環境情報学部卒業
  • 1998年(23歳) 慶應義塾大学大学院で、3次元CADの研究を続ける。
  • 1999年(24歳) 脇田氏の師が作ったベンチャー企業「ラティス・テクノロジー株式会社」に契約社員として勤務し、研究開発と標準化活動に携わる。
  • 2002年(27歳) 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 博士課程修了し、博士(政策・メディア)の学位を取得。 
  • 2003年(28歳) ウェブデザイン会社勤務、フリーランスとして活動
  • 2004年(29歳) 慶応義塾大学SFCに専任講師として赴任し、デザイン言語科目群のカリキュラムを統括
  • 2008年(33歳) デザインエンジニアリングを学ぶプログラム「X-Design」を立ち上げる。
  • 2014年(39歳) 慶應義塾大学環境情報学部教授学部長に就任。(この年、癌発症)

 

ということで脇田玲さんは、現在は慶應義塾大学環境情報学部の教授であり、学部長もやっておられます。

 

アーティストとしては、ヴィジュアライゼーションとシミュレーションを用いてこの世界を再解釈するための作品を制作しています。

 

脇田さんの父親が建築家だったので、子供の頃からいろんな美術館に連れていってもらっており、子供の頃から絵を描くのが大好きだったようです。

 

2014年の39歳のときに癌が見つかったことで、納得いく死に方をしたいと考え、アートとサイエンスを始めたと語っていました。

 

「死」を見据えた上での生き方が、今回の学生へのメッセージにも響いている気がしますね!

 

 

脇田玲(慶應義塾大学環境情報学部長)の研究内容や著作本

歌音(かのん)
歌音(かのん)

それじゃあ、慶應義塾大学環境情報学部長の脇田玲さんの研究内容や著作本について調べていくわね!

白鳥さん
白鳥さん

どんな研究をしている人なんだろう~?

 

<専門分野>

ビジュアライゼーション、幾何モデリング、スマートマテリアル

 

<所属学会・団体>

日本ヴァーチャルリアリティ学会、芸術家学会

 

 

<脇田玲の作家活動内容>

アート&サイエンスをキーワードに、流体力学や熱力学のモデルに基づく独自ソフトウェアを開発し、科学と美術を横断する映像表現に注力しています。

 

2016年から、音楽家の小室哲哉とコラボレーションも開始しました。

 

 

アルス・エレクトロニカで発表した8KのインスタレーションMUTEK/RedBull Musick Festivalでのライブパフォーマンスも注目を集めました。

 

<脇田玲の教育活動>

SFCの研究室では、シミュレーションとビジュアライゼーションを中心に、美的感性とコンピュテーション双方の知見に根ざした研究・表現活動に一貫して取り組んでおり、デザインの世界を中心に多くの人材を輩出しています。

SCI-Arc (Southern California Institute of Architecture) 東京スタジオでは先端レクチャーを担当し、合同ワークショップを企画するなど、海外の研究者や学生との交流を続けています。

 

<主な著書>

  • 「Access to Materials -デザイン/アート/建築のためのマテリアルコンピューティング入門」(ビー・エヌ・エヌ新社、2013年)
  • 「x‐DESIGN 未来をプロトタイピングするために」(慶應義塾大学出版会、2013年)
  • 「Matter in the Floating World」(Princeton Architectural Press, 2011)
  • 「MODELS = 建築模型の博物都市」(東京大学出版会、2010年)
  • 「デザイン言語入門 モノと情報を結ぶデザインのために知っておきたいこと」(慶應義塾大学出版会、2009年)
  • 「デザイン言語2.0 インタラクションの思考法」(慶應義塾大学出版会、2006年)

 

ということで、小室哲哉さんと音楽とアートのコラボレーションも行ったりと意欲的に活動を行っており、著作もたくさん出ていました。

 

脇田玲(慶應義塾大学環境情報学部長)の評判

歌音(かのん)
歌音(かのん)

それじゃあ、慶應義塾大学環境情報学部長の脇田玲さんの評判を調べていくわね!

白鳥さん
白鳥さん

評判はどうなのかな~?

 

ということで、Twitterでの脇田玲さんの評判について調べてみましたので、ご紹介しておきますね。

 

 

 

 

 

 

ということで、脇田玲さんのアートや研究内容だけでなく、人柄や著作本の評判もとても良かったです!

今回の、学生たちに送られたメッセージが多くの心に響く理由も頷けますね。

 

まとめ

というわけで今回は、慶應義塾大学環境情報学部長である脇田玲さんの出身校や経歴などのプロフィールに、評判や研究内容に著作本も調べてきました!

 

脇田玲さんの出身校や経歴などプロフィールは、1974年生まれの46歳(2020年現在)東京都出身で、2002年に慶応義塾大学大学院を修了し、2004年に慶応義塾大学SFCに専任講師として赴任2014年に慶應義塾大学環境情報学部教授学部長に就任していました。

脇田玲さんの研究内容や著作本は、専門分野はビジュアライゼーション、幾何モデリング、スマートマテリアルで、たくさんの著作も出版されています。

脇田玲さんの評判は、アートや研究内容だけでなく、人柄や著作本の評判もとても良かったです!

 

ということで、熱いメッセージが多くの人の心に響く理由が垣間見えた気がしますね!

これからもご活躍を期待しています♪

コメント